三十七年 六月

かかるきびしき生活の中に歌ありて道路工夫の君逝き給う

いと貧しき家にして人情のこまやかなる葬りの席に吾等連なる

盲目なる夫が逝きて残されし半身不随の妻とその子等

この家の長男のぬし山国屋の世話ゆき届き

仏壇に香ゆらぎいて片側にマリヤの御像祀られており

親戚の人々それぞれに不自由の人を労わり力づけをり



母の日を祝ひし手紙智子より届きぬそこばくの金入れありて
by hahanamiko | 2016-11-03 21:46 | 美知思波

三十七年 五月

桂川にそひし岩山岩の間に紫つつじ今さかりなり

午前九時御苑に人のまばらにて咲き極まれり八重桜花

鯉一尾はねて広がる波紋あり御苑の池の真中どころ



孫を守ることに足りつつ日曜に一日を過ごす夫と吾と

トラックに裾よごされて駅に行くバスハイヤーの動かぬ朝を

私鉄ストの余波受けて列車延着と拡声器ひびく駅構内



卒業記念の写真ようやく届きたり大人びて良く撮れたり智子

紅に芽吹く楓に重なりて満天星の翠色増して見ゆ
by hahanamiko | 2016-11-03 21:29 | 美知思波

三十七年 四月

吾が体置どころなし五十人一つの室にまろび伏しゐて

明けきらぬ元町港の桟橋に深々と息吸ひて侘ちたり

カンガルーも鹿ものどかにまろびゐて猿山の猿忙しく動く

若草の萌ゆる時こそ偲ばれれ大室山はまろき芝山

巨大なるに驚き可憐なるを愛で声あげて廻るサボテンセンター




紅梅のつぼみに光る露ありて雨やわらかしあしたの庭に

小さき穴あればそこより指を入れ障子を破ることも覚えき

朝夕に水まきて心和むなりガーベラも百合も芽立ちてゐるに
by hahanamiko | 2016-11-03 21:12 | 美知思波

三十七年 三月

笹子路は雪におほはれゐたりけり芽吹きの色にけぶりながらに

デパート幾つ上り下りして三時間大丸に買ふ木目込みの雛

一万円五万円五十万円かぎりなし雛にも懐ふ人間の段階

洋子にも和子にも似てふくよかなる雛なりこれと決めたる理由

灯をすいて真紅に光るひとところ噴き散る水をあやしくみせて

白きカバー清々とせる座布団に茶がうまかりき浦和母子センター

一枚のハンカチを売り足袋を売り母子会が建てしセンターなりと

母の日のカーネーションの花造る手さばきを見る階下作業場

枯草のなびく広原はるかなり此処は習志野演習場跡地

一毛作の湿田つづき藁ぶきの屋根多き村遠くに見ゆる

波立てて肩を越えゆくいで湯にも入りてみるなり眼つぶりて

冷々と素足に歩む朝早きヘルスセンター熱海館を

一握りの香投げ入れて成田山本堂に合掌す思ふことなく

壱千円永代供養と書かれたる碑が並びゐき本堂裏に

足袋裏を土によごして本堂をまわりてゐたり女二人が
by hahanamiko | 2015-07-12 21:28 | 美知思波

昭和三十六年 十月号

二階のひさしにいくつもの蜂の巣がありて風除けするにもてあますなり

ガーベラの紅あざやかに見ゆるなり待ちわびし雨ひと夜を降りて

アルバイト学生と云ふが今日も来てまた買わされきゴムのテープを

バケツにて川より運ぶ幾十杯つつじもガーベラも息づきて見ゆ

下駄ぬげばこころよきかな吾が撒きし水足裏にひえびえとして

智子と二人英語に話すかたわらに手持ち無沙汰に吾は茶をくむ

四肢張りて泣きし力の抜けしとき英幸の頭うでに重たし

二ヶ月を吾家に肥えし和子なり駅までをせめて吾が抱きゆかむ

智子就職決定の報届きたり台風予報しきりなるとき

学びたること生かさむときほひたる汝が願の今ぞかなひし

釘打つがしきりに聞こゆ台風のすでにつのれる雨の最中に

四針縫ふ其のひと時をつきてゐて愛子も吾も貧血おこす
by hahanamiko | 2013-01-16 19:00 | 美知思波

昭和三十六年 八月号

朝な朝な夫がハタキをかけるなり十日余りを吾が臥ししかば

胃癌にて死にたる父を思ひつつ胃が重ければ胸さするなり

笹竹の比ひと葉ひと葉に露ありてこぼれては満ちこぼれては満つ

一揃の小さき食器ならべおきて英幸に食わす一粒の飯

幾年か茂りし真菰なくなりて丈高き葦さわぐ川すじ

やがてメダカもハヤも棲むべし町人に清められたるこの川筋に

岱古園の奥庭の池しづかにて岸に咲きたり水萩の花
by hahanamiko | 2012-09-28 19:56 | 美知思波

昭和三十六年 六月号

小山田に水はられをり若緑もえたつ山の影を映して

台風に傾きしままの大榎春きし梢葉の茂りをり



畳する足音のこしてこの部屋の帯戸が開き君現われぬ

琴の音のもるる江利川先生の門前歩く孫をまもりつ

左手に重み加はりてきたりけり英幸かろきいびきたてゐる

雨蛙潜みゐたり棕櫚の葉の重なり合ひてゐたるところに



幾年を心通ひし人と居り今日を限りの会議の席に
by hahanamiko | 2012-03-02 19:00 | 美知思波

昭和三十六年 五月号

相模野の林の中の寮社にて今宵は独り寝るらむ順子



順調に育ちて二十五日目ぞ拳を口にする孫英幸は

湯浴みさせる吾が手の上におとなしく目を開き口をつぐみいるなり

一日の半を孫にかかわりてあわただしかり吾が明け暮れの



吉野山もかくやあるべし等云ひて登り行くなり山のそば路

太き幹の所々に芽を吹きてそこにも咲けり一層の花

目の下にきほひ流るる桂川背音はひびく山の上まで

雪消水富士より流れ下るらし桂川の水白くにごれり

雪しろに濁りて早き桂川溶岩あればしぶき立てつつ

健脚と云はれて先にたちてをりあへぎて登る友を呼びつつ
by hahanamiko | 2012-03-01 21:45 | 美知思波

ジャック死す

死期すでに近くなりにしか終日を咳きつつ小屋にこもれるジャック

名を呼べば寝ねたるままに尾を振れる毛並みもつやもおとろへ見せて

固きこぶ腹に三つあり犬の老衰の表れと人等云います



庭隅に土盛り上げて丸き石上に置くなりジャックを埋めて
by hahanamiko | 2012-03-01 21:35 | 雑詠

昭和三十五年 七月号

天使像かざられてゐる床前に慰問の品を積み上げにけり



泡立ちつしぶきつ水は流れ下る白き巨岩のつらなる所

トラックに張りたる綱に縋りつつ石ころ路を登る一時間

山小田に水張られゐて苗代の早苗そよげり五月の風に



哺乳びん舌におし出しいつしかに眠り入りたるみちたる顔に

挿しおきし薔薇が小さく芽ぐみしと夫はこごみて吾を呼びをり
by hahanamiko | 2012-02-12 22:47 | 美知思波