昭和三十六年 十二月号

目覚むれば早信濃路ぞ窓ちかくつづく林にうす明かりして

見はるかす稲田はすでに刈り終えて稲架つらなる佐久の平に

梓川の瀬音に覚めて仰ぎみる山は明るく雨上がりなり

ぬかるみに足をとらるるをおそれつつ熊笹の根にすがりて歩く

岩山の岩にしたたる水ありて杉苔は茂る深きみどりに

一握りの杉苔を紙に包むなり三寸ほどの楓もそへて

藍深き色にしづもりきりたてる山をうつせり明神池に

昨日降りし雪にかがやく奥穂高明神岳の上に見えをり

焼岳の噴火に生まれたりと云う大正池はひろらに浅し
by hahanamiko | 2013-01-16 19:30 | 美知思波