<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三十七年 九月


檜皮ぶきの屋根なだらかなる曲線を仰ぐ本堂前に

吾ら四人の足音のみの山の中何の鳥ぞも折々に鳴く

渓間にもゆく手にも白き独活の花師よ来年は来給ふならむ

大観の画を想はする風情なり白き煙が谿にひろがる

岩の間を落ちくる水の淵なせるひとところあり鍋釜沈む

人ごとにすがりて登りゆきにけむこの藤づるのつやめけるさま

頂上より裾原にまでゆれ動くギボウシの花今さかりにて







by hahanamiko | 2017-07-02 20:30 | 美知思波

三十七年 八月


直接に肌を打たるる如くなりビニールの作業衣に雨しきりにて

田植え四日つづけばすでに吾が力限界ならむ夜を眠れず

珍思梅山百合くちなし悉く診療室の前白き花

瓢箪のそだち逞しく雨樋を這ひてとどけり南の屋根に





by hahanamiko | 2017-07-02 20:14 | 美知思波

三十七年 七月

ー順子大学卒業記念に北海道のたびー

来む春は学びを終わるかたみとぞ北海道を旅ゆく順子

今日ははや津軽の海をゆくならむ順子等の上につつがあらすな

北大に学ぶ従兄も訪ね来よ再びは行くこと難き旅なり

地図の上に夫としるしを付けてゆく娘の旅先を話しながらに

すばらしい函館山の眺望に気分上々と順子の手紙




母子家庭行楽の日ぞよりそひて母と子がゆくつつじのなかを

先永き独りの生きを思はする若く美しき母のいくたり






by hahanamiko | 2017-07-02 19:59 | 美知思波